現代は3バックと4バックの使い分けが当たり前に

最近では3バックもメジャーなシステムとなり、イングランド代表もガレス・サウスゲイトの下で3バックと4バックを使い分けている。これは今年のワールドカップでも変わらないだろう。

一方、黄金世代と呼ばれた2000年代前半のイングランドは4バックがメインシステムだった。英『Daily Mail』によると、黄金世代の一員であるFWマイケル・オーウェンは「別のシステムなら異なるパフォーマンスが見られただろう」と綴っており、現代ではメジャーな3バックを採用する考えがなかったことを悔いているようだ。

例えば2006年のワールドカップ・ドイツ大会当時のメンバーで3バックにするなら、センターバックはリオ・ファーディナンド、ジョン・テリー、ソル・キャンベルの3枚で構成できる。控えにはジェイミー・キャラガーもいた。

そしてオーウェンが指名するウイングバックは左にアシュリー・コール、右にデイビッド・ベッカムだ。攻守両面で高い能力を備えていたアシュリー・コールは3バックの方が合っていたかもしれない。ベッカムの右サイドは機能するか分からないが、より攻撃性を活かせたかもしれない。バランス重視なら、控えにガリー・ネビルもいる。

中盤の考え方は様々だが、3センターならマイケル・キャリックかオーウェン・ハーグリーブスをアンカーに据え、インサイドハーフにスティーブン・ジェラードとフランク・ランパードが入れる。そして2トップはオーウェンとウェイン・ルーニーか。

当時チームを指揮していたのはスヴェン・ゴラン・エリクソンだが、ジェラードとランパードの関係はあまり機能していなかった。英『GIVE ME SPORT』はエリクソンが[4−4−2]にこだわっていたところがあると振り返っているが、オーソドックスな[4−4−2]ではジェラードとランパードがボランチに並ぶことになる。2人の攻撃性を活かすなら、より高い位置で仕掛けられる3バックも有効な選択肢だったかもしれない。

前線を1トップと2シャドーの組み合わせにし、思い切ってシャドーの位置にジェラードかランパード、あるいはジョー・コールを入れる案もある。

システムの使い分けに関しては現代の方が柔軟で、3バックと4バックを使い分けるチームが増えている。当時のイングランドにそのアイディアがあれば、より黄金世代の個性を引き出せたかもしれない。