カマヴィンガは大成功の補強となった

モナコからオーレリアン・チュアメニを獲得したレアル・マドリード。移籍金は総額1億ユーロといわれており、レアルは中盤の強化に大金をつぎ込んだ。

これでカゼミロ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースに代わることができる選手が揃った。チュアメニ、エドゥアルド・カマヴィンガ、フェデリコ・バルベルデの3人だ。若く能力のある選手であり、カマヴィンガに至っては19歳とまだ10代である。

チュアメニにカマヴィンガとレアルは近年リーグ・アンで結果を出した若手に注目している。チュアメニはまだ分からないが、カマヴィンガはすでにトップチームにフィットしている。

西『MUNDO DEPORTIVO』によるとレアルはすでに次に獲得するリーグ・アンのターゲットを決めており、それがリヨンのMFラヤン・チェルキとニースのFWアミーヌ・グイリだという。

2019年にリーグ戦でデビューした18歳のチェルキ。リヨンの生え抜きで、昨季はリーグ戦16試合に出場して1アシストを記録している。一昨季は27試合に出場し昨季は飛躍が期待されたが、怪我で17試合を欠場してしまい勢いには乗れていない。

リヨンではサイドハーフやウイング、センターフォワードと複数のポジションで使われており、起用法はまだ定まっていない。ドリブル、パス、シュートとどれも絶品であり、将来を嘱望されているアタッカーだ。

グイリはすでにリーグ・アンでは名の知れたストライカーで、昨季ニースではリーグ戦38試合10ゴール9アシストを記録。自らゴールを奪うこともできれば、チャンスメイクからアシストを記録することも可能な万能タイプであり、NEWベンゼマと呼ばれることも。ベンゼマは今年の12月で35歳になるため、来夏の移籍市場でレアルへステップアップすることも考えられる。

昨季はカマヴィンガを獲得して成功を収めたレアル。今夏に獲得したチュアメニも大きな期待が寄せられており、来夏もフランスの有望な若手をチームに加えることになるのだろうか。