まずは幸先よくカップ戦のタイトルをゲット

日本ツアーで3連勝を収め、勢いそのままに31日の仏スーパー杯でナントを4-0のスコアで撃破したパリ・サンジェルマン。果たしてこの強さは本物なのだろうか。

このゲームではFWキリアン・ムバッペを欠いていたが、まずは22分にFWリオネル・メッシが華麗にGKをキックフェイントでかわして先制点をゲット。まるでバルセロナ時代を思わせる冷静なゴールで、これこそメッシに求められてきたものだ。昨季は得点数が少ないと批判を浴びることもあったが、2年目の今季はさらに強力なパフォーマンスが期待できるかもしれない。

メッシに続いたのはネイマールで、こちらは直接フリーキックを含む2ゴールを記録。今夏も何かと周辺は騒がしかったが、やはり実力は本物だ。バルセロナ時代よりメッシとの相性も良く、この2人が前線で機能すれば大きい。

最後の仕上げは昨季の大半を怪我で棒に振っていたDFセルヒオ・ラモスだ。超攻撃的センターバックであるラモスが仕上げの4点目を記録し、ナントの完全撃破に成功。今季よりチームを指揮するクリストフ・ガルティエは日本ツアーから3バックをテストしてきたが、ラモスがフィットするなら心強い。このナント戦もラモス、マルキーニョス、プレスネル・キンペンベの3枚でクリーンシートをゲットしており、ゴールにはGKジャンルイジ・ドンナルンマも構えている。ドンナルンマも昨季は批判を浴びたが、2年目の今季はより落ち着いてプレイできるのではないか。

スペイン『as』はこの勝利から、「スーパーPSGが目の前に」とドリームチームの完成が近いと主張している。ここにムバッペも加わるのだから、すべてが噛み合えば今季のパリはかなりの強さとなるかもしれない。

メッシ、ラモス、ドンナルンマらパリ2年目を迎える選手たちと、日本ツアーからアグレッシブな姿を見せる新戦力のMFヴィティーニャなど昨季以上に完成度の高いチームになる素質は秘めている。目標はチャンピオンズリーグ制覇だが、スーパーPSGはその目標に届くか。