CBの安定感はチームの安定感に直結する

JリーグYBCルヴァンカップ、プライムステージ準々決勝第1戦が3日に行われた。

Jリーグで首位を走る横浜F・マリノスはアウェイでサンフレッチェ広島と対戦。今季はすでに2度対戦しており、初戦は0-2で敗れ、2戦目は3-0と快勝を収めている。

そんな今季3度目の対戦はここまでの2戦同様に苦戦を強いられてしまった。広島の武器であるハイプレスが非常に強力でボールが前に進まない。中盤でボールロストし、ショートカウンターを受ける場面も散見されている。前線にボールが届いたとしても思うように攻撃は組み立てられておらず、大幅なターンオーバーの難しさを痛感するゲームとなった。最終的には1-3で敗れており、10日の2戦目で逆転を目指したい。

そこで気になったのはチームを最後尾から支えるセンターバックのクオリティだ。この試合は角田涼太朗、畠中槙之輔のコンビだったが、1失点目はその畠中が上手くボールを処理できず失点している。角田のパフォーマンスは悪くなかったが、今季の畠中は不調から抜け出せていないのが気になる点だ。ビルドアップの処理、守備対応で後手に回っているシーンが多く、疲労が溜まっているのか。今季4試合で3失点を喫しているが、そのうち3試合が角田と畠中のコンビというのも印象が悪い。

今季のオフシーズンでチームを去ったチアゴ・マルチンスの穴はここまで埋められていない。サガン鳥栖からエドゥアルドを獲得したが、加入当初は適応に苦しんだ。現状ではそつなくこなしている印象だが、絶対的な1番手ではない。實藤友紀は控えとしては優秀だが、彼もスタメンで地位を確立できる人物ではない。

Jリーグでは2位鹿島アントラーズに8ポイント差をつけ首位を独走するF・マリノスだが、CBは他のポジションに比べ選手層は厚くない。絶対的だったチアゴ・マルチンスも抜けており、既存戦力の飛躍が2022年シーズンのリーグ優勝を絶対的なものにするだろう。