今季ベンフィカから加入した

リヴァプールはプレミアリーグ開幕戦でフラムと対戦。2度リードされるなど相手に試合を優位に運ばれて、2-2のドローで引き分けた。その中で2得点に絡み、チームに勝点1をもたらしたストライカーがダルウィン・ヌニェスだ。

今試合はサブからのスタートとなったD・ヌニェス。1点をリードされた51分にロベルト・フィルミーノに代わって3トップの中央に入る。すると64分には自らのプレミアリーグ初ゴールで同点に追いつき、試合を振り出しに戻す。

その後フラムに再びリードを許した80分には自らのコントロールから最後はモハメド・サラーの得点をアシストして再び同点に。結局リヴァプールの2得点を生んだのは、今季リヴァプールへと加入したばかりのウルグアイのストライカーだった。

サディオ・マネが移籍したことや移籍金の大きさからも結果を求められるD・ヌニェスだが、加入後コミュニティーシールドでマンチェスター・シティから得点を奪い、開幕戦でも2ゴールに絡む活躍を見せている。今季のリヴァプールはD・ヌニェスがいかに得点を生み出すことができるかが浮上のカギとなってくるが、ここまで個人としては最高のスタートを切れたことだろう。