ニューカッスル戦で先発出場した

今季プレミアリーグへと昇格したノッティンガム・フォレストは、開幕戦でニューカッスルと対戦。初陣を0-2で敗戦したものの、守護神として大きな存在感を発揮した男が新加入のディーン・ヘンダーソンである。

この試合で先発出場したヘンダーソンは好セーブを連発してチームを救う活躍を見せる。41分にはN・フォレストの右サイドを崩され、角度のないところからシュートを放たれるものの、ヘンダーソンが反応して事なきを得た。

後半に2失点を喫して敗れてしまったN・フォレストだったが、その中でもヘンダーソンは守備で好成績を発揮。データサイト『SofaScore』によると、ヘンダーソンは今試合でセーブ数「7」を記録するなど、好守を見せてひさびさのプレミアリーグを戦うチームを支えたのだ。

シェフィールド・ユナイテッドでプレミアリーグで1年間主力として活躍し、マンチェスター・ユナイテッドではダビド・デ・ヘアからスタメンの座を奪ったこともあるなど、ヘンダーソンは実績は十分だ。昨季は出場機会に恵まれなかった実力者がN・フォレストで安定感抜群のGKとして今シーズン存在感を発揮するだろう。