離脱者が戻ってきた

7日、Jリーグ第24節川崎フロンターレ対横浜F・マリノスの一戦が行われた。川崎は一時ベンチに5人しか入れられない状況に追い込まれていたが、F・マリノス戦はしっかりと7人を座らせ、神奈川ダービーに臨んだ。

先制したのはホームチームだ。谷口彰悟のロングフィードから一気に前線に展開すると、右サイドの高い位置に張っていた山根視来がダイレクトでクロスを供給。中央のレアンドロ・ダミアンが合わせ自陣からわずか3タッチでゴールネットを揺らしている。全選手に高い技術が求められるが、それを難なくやってのけるのが川崎だ。

ただアウェイチームも常にゴールを狙っており、前半のアディショナルタイムに自陣からの高速カウンターを最後は仲川輝人が決め、試合を振り出しに戻した。

両チームにチャンスが生まれることになった好ゲームで、F・マリノスにも喜田拓也の右ポスト直撃のシュートもあったが、試合に勝利したのは川崎だ。後半アディショナルタイムに右サイドで家長昭博がボールを持つと左足でクロスを送る。すると前線に残っていたCBのジェジエウが岩田智輝に競り勝ち、大きな追加点を挙げた。これが決勝点となり、2-1で神奈川ダービーを川崎が制している。

これで2022年のJリーグはまだ結果が分からない面白いリーグになった。リーグテーブルではF・マリノスが2位柏レイソルに6ポイント差をつけているが、2試合消化試合の少ない川崎はその2試合に勝てば勝ち点が46と2ポイント差になる。

F・マリノス戦で見せたパフォーマンスを維持できれば川崎は十分に逆転優勝を狙えるクラブだ。ゴールを決めたジェジエウをはじめ様々な離脱者が戻ってきており、そうなれば川崎相手に勝てるクラブは多くない。F・マリノス戦ではダミアン、シミッチとセンターラインの選手が躍動しており、十分に期待できる。

対するF・マリノスは西村拓真が負傷交代するなど厳しい敗戦となったしまった。CBのエドゥアルドも不調なのかミスが目立っており、次節湘南ベルマーレ戦を勝ちきり、悪い流れを断ち切りたい。