ルヴァンカップ準決勝進出を果たした浦和

浦和レッズはルヴァンカップ準々決勝で名古屋グランパスと対戦した。ホームでの2ndレグを3-0と勝利し、2試合合計4-1で準決勝進出を果たす。この試合でセットプレイから芸術的な得点が生まれている。

浦和は1点をリードした41分、CKのチャンスを得るとキッカーの岩尾憲は選手たちが密集する中央ではなく、外側へとボールを送る。名古屋の選手たちは浦和の前線に付いて守っていたため、ペナルティエリア中央でフリーとなっていた伊藤敦樹が左足でのダイレクトボレーで合わせてゴールネットを揺らした。

その前にも岩尾のCKから岩波拓也がヘディングシュートで決定機を迎えており、得点のチャンスをつかみかけた浦和。ランゲラックの好守に阻まれてしまったが、その後のセットプレイで大きな1点を奪ってみせた。岩尾の正確無比なキックは、セットプレイを武器とする浦和にとって重要なのだ。

今季徳島ヴォルティスより期限付き移籍で加入し、ここまでJ1では19試合に出場。1得点4アシストを記録するなど、浦和のゴールを創出しているのだ。伊藤敦樹とのボランチコンビは試合をこなすごとに安定感を増しており、浦和を支える大事なピースとなっている。