マタの移籍先はどこになるか

昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団した男の所属先がいまだに決まっていない。スペイン代表としても活躍したファン・マタである。

2013-14シーズン途中にチェルシーからユナイテッドへと移籍したマタ。ジョゼ・モウリーニョ監督の下で司令塔として活躍し、15-16シーズンにはプレミアリーグ全試合に出場するなど赤い悪魔の中核を担っていた。

しかし近年は出場機会が減少し、昨季はわずか9試合の出場にとどまった。昨季限りでユナイテッド退団を発表しており、現在もまだフリーの状態が続いている。

英『DailyMail』によれば、マタに対して今夏アメリカのメジャーリーグサッカーの複数クラブからのオファーがあったものの、すべて拒否。欧州のビッグクラブでのプレイを希望しており、今もまだオファーを待ち続ける構えだ。

過去にはスペイン代表として2010年のFIFAワールドカップやUEFA EURO2012の優勝に貢献。司令塔としてゴールを創出するだけでなく、自らも得点を奪えるアタッカーにもなれる万能なMFは、今季どのクラブへと加入するのだろうか。