2試合で3得点3アシスト

リヴァプールはプレミアリーグ第5節でニューカッスルと対戦し、後半アディショナルタイムに逆転ゴールで2-1と勝利した。2試合連続ゴールとなる同点弾を決めたロベルト・フィルミーノが復活することはできるだろうか。

ニューカッスルへ加入したばかりのアレクサンダル・イサクに先制点を決められ、1点をリードされたまま試合は後半へ進む。すると61分にモハメド・サラーが右サイドからの折り返しをフィルミーノが冷静に決めて同点に追いつく。巧みな動き出しからフリーになっていたフィルミーノは2戦連発のゴールで勝利に貢献する。

前節はボーンマスに9-0と大勝し、その中でフィルミーノは2得点3アシストを記録。リヴァプールでの通算100ゴールを達成するなどメモリアルなゲームとなり、続く今節もチームを勝利へとつなげる貴重な同点弾をマーク。リヴァプールのリーグ制覇に向けてストライカーの復活は欠かせない。

今季は開幕からコンディション面で不安を残し、開幕戦のフラム戦は本調子ではなく第2節のクリスタル・パレス戦ではメンバー外となっていた。続くマンチェスター・ユナイテッド戦でも自身のパフォーマンスは上がらず、前線での連携面でもかみ合わない状態となっていた。そんな中でボーンマス戦、ニューカッスル戦と連続ゴールが生まれ、チームも連勝。昨季はケガの影響によってあまり見ることができなかったフィルミーノの活躍を、今季はより多く披露することができるだろう。