2点のビハインドから松尾が1点を返した

浦和レッズはJ1第28節で鹿島アントラーズと対戦。2点のリードを許しながら同点に追いつき、2-2で試合を終えた。前半で得点を決めて浦和へ勢いをもたらしたプレイヤーが松尾佑介である。

AFCチャンピオンズリーグからメンバーを変更して挑んだ今試合で、松尾は左サイドハーフで先発に名を連ねる。サイドから仕掛けてチャンスを作り出し、中央にも顔を出して攻撃に厚みを加えた。

すると2失点目を喫してすぐの3分後、ペナルティエリア右から関根貴大、岩尾憲とつなぎ、松尾へパスを送る。ボールを受けた松尾は反転してシュートを放ち、相手DFに当たってコースが変わったボールは、ゴールネットに吸い込まれる。ミス絡みから2失点目を決められて気落ちしそうなタイミングで、すぐさま1点を返した浦和は勢いを取り戻した。

ACLではFWとしてチームを決勝進出へと導いた松尾。清水エスパルス戦でリーグ戦移籍後初ゴールを記録すると、続く川崎フロンターレ戦でも得点をマーク。よい流れでACLへと進むと、準決勝の全北現代モータース戦で先制点を挙げる活躍を見せた。FWとサイドハーフで結果を残す松尾のさらなる成長に期待だ。