早くもリーグ戦で3点目

チーム1、2を争うチャンスメイカーだったMFフィリップ・コスティッチが退団したフランクフルトにて、攻撃のキングになるのは誰なのか。やはり日本代表MF鎌田大地だろう。

鎌田は3日に行われたブンデスリーガ第5節ライプツィヒ戦に先発すると、前半16分に味方が頭で折り返したボールにダイビングヘッドで合わせて先制点を記録。これで早くも今季3ゴール目となり、チームも強敵ライプツィヒを4-0で撃破することに成功した。

地元メディアからの評価も当然高い。『Frankfurter Rundschau』は鎌田について「アイントラハトが彼を残留させたのは何と素晴らしいことか」と称賛。鎌田にも移籍の噂はあったが、鎌田はフランクフルトでの冒険を続けることになった。これはフランクフルトにとって大きな『補強』だ。

鎌田は昨季ヨーロッパリーグで5ゴールを記録するなど欧州カップ戦ではハイペースで得点を重ねてきたが、ブンデスリーガの方では2020-21シーズンの5ゴールがキャリアハイとなっている。昨季も4ゴールだったが、今季は早くも3点目だ。キャリアハイ更新への期待は高まっており、スタートは申し分ない。

チームは新戦力のMFマリオ・ゲッツェに加え、大型FWランダル・コロ・ムアニのヒットが大きい。リーグ戦で2ゴールを奪っているのもそうだが、前線で体を張るパワーを備えている。

今季のフランクフルトはチャンピオンズリーグの戦いもある。鎌田、そしてベンチに控える大ベテランの長谷部誠にとって大きなチャンスで、攻撃面では鎌田の創造性に期待がかかる。今年はワールドカップも控えており、鎌田にとってはさらなるブレイクのシーズンとなるかもしれない。