アーセナルを粉砕した

プレミアリーグ第6節マンチェスター・ユナイテッド対アーセナルの一戦が行われ、3-1とホームのユナイテッドが白星を掴んだ。連敗スタートのユナイテッド、開幕から5連勝のアーセナルと対照的な成績をここまで残してきた両者だが、この一戦はホームチームが意地を見せた。

ボールを握っていたのはアウェイのアーセナルだ。試合を通じての支配率は61%と高く、相手を押し込む。しかし数字ほどゲームは支配できなかった。スコット・マクトミネイが躍動する中盤で苦戦し、サイドではガブリエウ・マルティネッリが対峙するディオゴ・ダロトを圧倒できず、アタッキングサードで優位を作れない。

ユナイテッドもボールを保持しての攻撃はそれほど効果的ではなかったが、カウンターの場面では最大火力を見せつける。中盤のブルーノ・フェルナンデスとクリスティアン・エリクセンが少ないボールタッチで攻撃を前進させることができ、前線のマーカス・ラッシュフォードやアントニーといった強力なFWにロスなくボールを預ける。そうなればアーセナル守備陣は対応で後手に回ってしまい、3失点と今季ワーストを記録してしまった。

とくに2点目の場面は自陣からほんの数秒で敵陣に侵入し、ゴールを決めている。自陣でボールを回収しワンタッチでエリクセンがB・フェルナンデスにつなぐ。ポルトガル代表MFも2タッチほどで前線にスルーパスを送り、広大なスペースを快足のラッシュフォードが駆け抜ける。アーセナル守備陣は追い付けず、赤い悪魔の10番が貴重な追加点を挙げた。

非常にシンプルなカウンターだが、ボールを保持するポゼッション型のチームとの相性がいい。アーセナルはこれの餌食になっており、ユナイテッドが得意な形からゴールを決めた。

得点に絡んだラッシュフォード、B・フェルナンデス、エリクセンの英『90min』での評価は軒並み高い。2ゴール1アシストのラッシュフォードは最高点の8点を得ており、完全復活を予感させるパフォーマンスを披露した。

近年結果を残していた時のユナイテッドはカウンターが強力であった。アーセナル戦ではまさにその強みが現れており、これからユナイテッドと対戦するチームはB・フェルナンデスとエリクセンのパサー、それに合わせて加速するラッシュフォードやアントニー、ジェイドン・サンチョの韋駄天トリオに怯えることになるだろう。