着実にステップアップしている

今季リーグ開幕から無敗を継続しているナポリ。5勝2分の勝ち点17で首位に立っており、序盤戦で大きなインパクトを残した。

そんなナポリは今夏の移籍市場で獲得した選手が素晴らしい活躍を披露している。前線であればクヴィチャ・クワラツヘリア、後方ではキム・ミンジェだ。すでに重要なゲームでも先発を任されるようになっており、中心人物としてチームに貢献している。

英『Football365』はミンジェにマンチェスター・ユナイテッドが関心を示しており、冬の移籍市場で契約解除条項を発動させ、獲得する意思があると報道している。それは5000万ポンド(日本円にして約78億円)に設定されており、ユナイテッドはさらにセンターバックを強化したいのだろう。

しかし同紙によると、その契約解除条項を冬に発動するのは不可能で、最短で来夏になるという。さらにミンジェを獲得するには5000万ポンドを超える額が必要であり、ハリー・マグワイア、リサンドロ・マルティネスと再びユナイテッドはCBに高額の移籍金を費やすことになるのか。

もしミンジェのユナイテッド行きが実現すれば、素晴らしいステップアップになる。昨季までトルコのフェネルバフチェでプレイしており、今夏セリエAのナポリにやってきたばかりだ。守備強度が高く、190cmとサイズもある。ビルドアップでの貢献度も高く、ユナイテッドが欲しがる理由もわかる。