デンマーク代表デビューも果たした

マンチェスター・シティで圧巻の活躍を続けるFWアーリング・ハーランドに続く若手ストライカーは出てくるのか。この話題でよく出てくる名前がザルツブルクFWベンヤミン・シェシュコ(19)だ。ハーランドもプレイしたザルツブルクに所属していることもあり、スロベニア代表の大型FWシェシュコは何かとハーランドと比較されている。

しかし、他にもハーランド風ストライカーと注目を集める人物がいる。オランダ『Voetbalzone』が注目しているのは、22日のクロアチア戦でデンマーク代表デビューを飾った19歳のFWラスムス・ホイルンドだ。

ザルツブルクではないが、ホイルンドも同じオーストリアのシュトルム・グラーツで名を上げた191cmの大型ストライカーだ。2022年冬に加入したシュトルム・グラーツで21戦12ゴールと活躍し、その半年後にセリエAのアタランタが引き抜いた。

今季から5大リーグの1つであるセリエAでプレイすることになったのだが、ホイルンドは早い段階から出番を確保。すでにセリエA初ゴールも記録済みだ。22日にはデンマーク代表デビューを飾ることになり、かなりの出世ペースと言える。

同メディアはハーランドに近いタイプのストライカーと評し、ワールドカップ・カタール大会メンバーにも入るかもしれないと更なるブレイクに期待をかけている。左利きもハーランドとの共通点だが、今年の1年でどこまでブレイクするのか。新たにオーストリア国内リーグを経由して怪物ストライカーが5大リーグへ乗り込んでくることになり、アタランタで旋風を巻き起こし得るホイルンドの今後が楽しみだ。