ユナイテッドは止められるか

今季のマンチェスター・シティはとにかく得点力が素晴らしく、リーグ戦では7試合で23ゴールを挙げている。その中心にいるのがノルウェー代表のアーリング・ハーランドで、リーグ戦では11ゴールと早くも二桁に到達している。

「この男は怪物だ。相手選手が他チームに電話して『週末にシティと対戦するけど、どうやってハーランドを止めるんだ』と言っているのは事実だよ」

英『talk SPORT』では元ウェールズ代表のハル・ロブソン・カヌがハーランドについて語っており、プレミアリーグのクラブは団結してハーランドを止めたいと考えているようだ。真相は定かではないが、7試合で11ゴールのインパクトを考えれば本当かもしれない。

10月2日にはマンチェスター・ユナイテッドとのマンチェスター・ダービーが予定されており、対峙するラファエル・ヴァランとリサンドロ・マルティネスはハーランドを封じることができるのか。

ハーランドは195cmとサイズのある選手で、それでいてスピードもある。足元でボールを扱うこともでき、シティではポストプレイで攻撃を活性化させることも。選択肢が多く、先発が予想されるヴァランとマルティネスの対応に注目だ。

「彼がこの先10年間、シティですべての試合に出場し、健康を維持できるなら、サッカー界のあらゆる記録を塗り替えることになるだろう」

ロブソン・カヌはハーランドが怪我なくシティでのプレイを続ければあらゆる記録を更新することになると予想している。更新が近いのは1シーズンでのプレミアリーグの得点記録であり、現在はリヴァプールのモハメド・サラーが記録した32ゴールだ。ハーランドは現在7試合で11ゴールを決めており、勢いが落ちなければ更新はほぼ確実だろう。