エリオットが3点目を決める

リヴァプールはUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節でアヤックスと対戦。3ゴールで完勝して決勝トーナメント進出を決めた。この試合でチームの3点目を決めたのは、19歳で主力の1人となっているハーヴェイ・エリオットだ。

この試合で[4-3-1-2]のシステムを起用したリヴァプール。エリオットは中盤の一角として先発出場し、トレント・アレクサンダー・アーノルドとモハメド・サラーとの好連携を見せる。インサイドハーフ起用で培った強度を発揮して中盤でボールを裁きながら、状況によってはサイドに流れてスピードやドリブル突破を見せるなど高い存在感を発揮する。

そして2点リードで迎えた52分、中央でタイミングよく動き出すと、サラーからのパスに合わせてゴールネットを揺らす。チームが欲しかった決定的なゴールをエリオットが奪い、勝利に大きく近づいた。

昨季才能の片鱗をリヴァプール見せたエリオットは、今季大きく飛躍。昨季はプレミアリーグで6試合、CLでは1試合の出場となったが、今季はここまでプレミア11試合1得点、CL5試合2得点と活躍。ケガ人が続出するチームでチャンスをつかみ、結果も残すなど、成長を続ける19歳はリヴァプールの未来を担う逸材だ。今後もさらに輝きを増すエリオットが楽しみである。