ヌニェスのゴールでアヤックスに勝利

リヴァプールはUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節でアヤックスと対戦。3ゴールを決めて勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。この試合でもゴールを記録するなど、出場した試合で結果を残しているのだ。

この試合でモハメド・サラーと2トップを組んだヌニェス。左サイドから相手の最終ラインの裏を突く動き出しを見せ、チームに勢いを与える。そして1点リードで迎えた49分にはアンドリュー・ロバートソンのCKから頭で合わせて追加点を決める。その後もハーヴェイ・エリオットが決めて3点差とした。

ヌニェスはゴールから近い位置でプレイすることによって、自身の持ち味を発揮している。1トップや2トップなどで先発した試合では高い確率でゴールを決めており、プレミアリーグ第9節のアーセナル戦からここ5試合で4ゴールと積み重ねている。

44分にはサラーからの決定機を外してしまうものの、後半すぐにゴールを決めて取り戻した。ヌニェスの得点能力の高さは、リヴァプールの大きな武器となることだろう。今後もヌニェスの得点量産に期待が寄せられる。