今季リーベル・プレートから加入のエンソ

今季プリメイラリーガとUEFAチャンピオンズリーグでいまだに無敗を貫くベンフィカ。ポルトガル国内では昨季の王者・ポルトに勝利し、CLではユヴェントスに2勝、パリ・サンジェルマンに2分と負けなしでシーズンを戦っている。

そんなチームに今季から加入して中盤を支えている逸材が、エンソ・フェルナンデスだ。アルゼンチンからやってきた逸材は初挑戦の欧州で自らのポテンシャルを遺憾なく発揮。長短織り交ぜたパスでポゼッションやカウンターの起点にもなるベンフィカのかじ取り役だ。

そんなエンソはアシストでもチームに貢献。CLのグループステージ第5節のユヴェントス戦でも高精度のクロスから先制点をアシストすると、5-0と完勝したプリメイラリーガ第11節のシャヴェス戦では足元の技術を生かしてペナルティエリア内へと進入する。ペトル・ムサへ丁寧なラストパスを送ると、ストライカーはゴールネットを揺らしてゴールを創出した。

すでにビッグクラブからも注目が集まる21歳。英『Liverpool Echo』ではリヴァプールが関心を示し調査を続けていると報じられており、今後も各クラブから注目が集まることは間違いない。ベンフィカのニュースターが国内だけでなく欧州で存在感を発揮している。