ナポリ戦でもゴールを決めたヌニェス

UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第6節でリヴァプールはナポリを下して2位でグループを突破した。この試合でチームの2ゴールに絡んだのが、ダルウィン・ヌニェスだ。

今試合はサブからスタートとなったヌニェス。73分にカーティス・ジョーンズに代わって出場すると相手守備陣を脅かす。するとゴールが生まれたのは終盤だった。CKからヌニェスが競り勝ってヘディングすると、GKがこぼしたところにモハメド・サラーが詰めて先制点を決める。

自らのヘッドから先制ゴールを生み出したストライカーは、後半アディショナルタイムにCKからの流れで最後はヌニェスが押し込んで追加点。オフサイドの判定にも思われたがVARチェックの末、ゴールが認められた。

序盤戦は頭突きなどで出場停止期間もあり、開幕戦以降ゴールがなかったヌニェスだが、復帰して10月から公式戦8試合6ゴールと高い得点力を発揮。5連勝で締めたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージでも3試合連続ゴールと徐々に自らの得点力を発揮し始めた。特にシステムを変更して近くにパスを出せる選手を配置し、ヌニェスをゴール近くで起用したことが大きいだろう。チームにさらにフィットしていけば、リーグや欧州でも手を付けられない存在になっていくはずだ。