ハーランドはPKを確実に決めた

プレミアリーグ第15節でマンチェスター・シティはフラムと対戦。シティは前節でレスター・シティを破っており、この試合に勝てば3連勝達成
そんなシティが先制点を得る。アーリング・ハーランドに代わってセンターフォワードに入ったフリアン・アルバレスが17分にゴールネットを揺らす。イルカイ・ギュンドアンからのスルーパスに反応してダイレクトでシュートを放っており、セビージャ戦に続いてゴールを奪った。

そのままシティが追加点を挙げるかと思われたが、ジョアン・カンセロのボックス内での不用意なタックルでフラムがPKを獲得。カンセロはレッドカードを提示されてしまう。その後アンドレアス・ペレイラがそのPKを確実に決め前半のうちにアウェイチームが追い付いた。

10人になっても主導権を握るシティは後半ハーランドとフィル・フォーデン、2人の22歳を投入し勝負に出る。するとそのハーランドがケビン・デ・ブライネのクロスに合わせて追加点をゲット。しかしオフサイドで取り消されることに。ゴールは幻に。

その後もシティが攻めるもゴールは決まらず、そのままドローかと思われたが後半アディショナルタイムにデ・ブライネがボックス内で倒され、PKを獲得。キッカーはハーランドでゴール左に強烈なシュートを放つ。レノも触りはしたが、勢いを殺しきることはできず。

早い段階で退場者を出すも10人でゲームを支配したシティ。ハーランドとフォーデンの投入でさらにギアが上がり、2-1で勝ち点3を獲得した。リーグテーブルではアーセナルを1ポイント上回り32ポイントで首位に立つことに。

マンチェスター・シティ 2-1 フラム

[得点者]
17分 フリアン・アルバレス(マンチェスター・シティ)
28分 アンドレアス・ペレイラ(フラム)
95分 アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)