2季連続でドルトムントのスターを獲得するのか

すでに来夏の移籍市場での人気銘柄として注目されているジュード・ベリンガム。ボルシア・ドルトムントでプレイする19歳で、イングランド代表にも選出されている。

ベリンガムを獲得したいクラブは多く、レアル・マドリードやリヴァプールがそうだ。とくにリヴァプールは以前からこのベリンガムを追っており、新たな中盤のリーダーとして迎えたいと考えている様子。

英『Daily Mail』はベリンガム獲得レースをリードしているのはプレミア王者のマンチェスター・シティだと報じている。

シティはドルトムントから多くの選手を獲得しており、イルカイ・ギュンドアン、アーリング・ハーランド、マヌエル・アカンジがそうだ。とくに今夏はハーランド、アカンジと2人の選手を獲得した。

同メディアによると、シティとドルトムントの関係はハーランド売却後良好なものとなっており、すでに話し合いが行われているようだ。ドルトムントは1億3000万ポンド(日本円にして約216億円)を求めているが、シティであれば支払える額であり、ベルナルド・シウバがクラブを離れることになればベリンガム獲得の資金は作れる。

ドルトムントとシティは今季CLグループステージで対戦しており、その際に指揮官であるジョゼップ・グアルディオラはベリンガムについて「全ての面において優れている」と絶賛しており、獲得を望んでいるはずだ。

ベリンガムのポジションであるインサイドハーフには現在ケビン・デ・ブライネ、イルカイ・ギュンドアン、B・シウバと3人の実力者はいるが、デ・ブライネを除く2人は今後チームを離れる可能性がある。ギュンドアンはシティとの契約が今季限りであり、B・シウバは依然としてクラブを離れたい意思は変わっていない。シティはB・シウバに提示する新契約を準備しているようだが、どうなるのか。

ペップが称賛するようにベリンガムは隙のない19歳だ。身体的に優れており、サッカーIQも高い。攻守両面で貢献でき、シティにピッタリな人材だといえる。