ケレハーの活躍が光った

リヴァプールはカラバオカップの3回戦でダービーと対戦。スコアレスドローでPK戦の末に勝利している。前回王者として挑む今大会の初戦でチームを勝利に導いたのは、昨季優勝に導いた若き守護神だった。

若手主体のメンバーへと総入れ替えを行ったリヴァプール。GKもアリソン・ベッカーではなく、昨季カラバオカップとFAカップで正GKを務め、チームにタイトルをもたらしたクイヴィン・ケレハーがゴールマウスを守る。

前半からリヴァプールがボールを支配しながらチャンスを作るものの、相手GKの好セーブによって得点を決めることができない。何度も相手ゴールを脅かすも、ゴールネットを揺らせないまま90分が終了し、試合はPK戦に委ねられることとなる。

迎えたPK戦でリヴァプールの1人目、ステファン・バイチェティッチが止められてしまう。先行のダービーは1人目を決めており、突き放したい2人目だったが、立ちふさがったのが、ケレハーだ。的確な読みで完全に止めてセーブ。さらにリヴァプールの2人目、アレックス・オックスレイド・チェンバレンが決めて追いつくと、ダービーの3人目も止めて勢いをリヴァプールに持って行った。

互いに4人目を決めて迎える最後のキッカーでもケレハーは、鋭いセービングでストップ。最後はハーヴェイ・エリオットが決めて勝ち進んだ。

昨季のカップ戦決勝はどちらもPKだったが、ケレハーの好セーブでタイトルをもたらした。その大舞台を経験した力はこの試合にも生きたことだろう。余裕すらうかがえたケレハーの存在感は、リヴァプールの将来にも大きな期待が持てる。