果たして誰が来るのか

イルカイ・ギュンドアンとベルナルド・シウバがチームから離れる可能性のあるマンチェスター・シティはインサイドハーフの補強を目指している。

トップターゲットはボルシア・ドルトムントのジュード・ベリンガムだろう。10代の選手だが、そのポジションではすでに世界でもトップクラスの評価を得ており、イングランド代表としてワールドカップ・カタール大会行きも決まっている。攻守両面で輝くことができ、隙のない選手だ。

次にベンフィカのエンソ・フェルナンデスもターゲットだと報じられている。シティのフリアン・アルバレスとリーベル・プレートでプレイしており、今夏欧州にやってきた。ヨーロッパへの適応は難なくこなしており、すでにベンフィカでは主力の中盤だ。21歳と若く、多くのビッグクラブが狙っている。

この2人のどちらかの獲得に動くと予想できるが、ベテランをクラブに連れてくる可能性もあるようだ。それがレアル・マドリードのトニ・クロースである。

レアルでは383試合に出場して数々のタイトルを獲得したクロース。シティはCL制覇を未だ成し遂げられていないが、クロースはバイエルン・ミュンヘン時代を含めて5度ビッグイヤーを手に入れている。

クロースとレアルの契約が今季限りとなっており、来夏フリーで獲得することができる。シティは1300万ユーロから1400万ユーロの年俸を用意するようで、それは現在レアルで貰っている給与よりも高い額になるという。

ただ最も可能性が低いのはクロースで、以前「レアル・マドリードで引退する」と話しており、移籍は考えていない模様。

シティは現在2人のインサイドハーフに移籍の可能性があり、一気に抜けることになればIHはケビン・デ・ブライネしか残らない。2人入れ替わりで獲得することになればクロースのような移籍金がかからず、経験値のあるベテランが欲しいということなのだろう。クロースは難しいかもしれないが、似たような境遇にある選手が今後リストアップされることが予想できる。

少なくとも一人のIHの獲得がありそうなシティ。ベリンガム、フェルナンデス、クロースが候補であり、この中から来季スカイブルーのユニフォームに袖を通す選手は現れるのだろうか。