オナイウ阿道のチームメイトに注目を

残念ながらワールドカップを戦うオランダ代表メンバー入りとはならなかったが、昨季より急激に評価を高めるオランダ人司令塔がいる。

FWオナイウ阿道も所属するフランスのトゥールーズで活躍するMFブランコ・ファン・デン・ブーメン(27)だ。

ファン・デン・ブーメンはオランダの名門アヤックスのアカデミーで育った選手ではあるが、トップチームでの出番はなかった。ここはさすがの競争力で、ファン・デン・ブーメンはヘーレンフェーンやデ・フラーフスハップなど国内の中堅クラブでコツコツと経験を積んできたのだ。

その努力はトゥールーズで花開いた。移籍当初のトゥールーズはフランス2部に沈んでいたが、ファン・デン・ブーメンは昨季2部で12ゴール21アシストと圧巻の活躍を披露し、チームを1部昇格へ導いた。

27歳にして初の5大リーグでのプレイとなったわけだが、今季も初のリーグ・アンながら1ゴール4アシストと爪痕を残している。特にチャンスメイクの部分は高い評価を得ており、ファン・デン・ブーメンは1部でも通用することを証明した。

27歳と中堅世代ではあるが、この逸材を他クラブは放っておかないだろう。オランダ『Voetbalzone』によると、ファン・デン・ブーメンもあらゆるリーグへ向かう準備を整えているという。トゥールーズとの契約が今季までとなっているため、今後動きがあるかもしれないのだ。

「オランダのクラブに自分を証明したいわけではないんだ。選手は誰もが自分のルートを持っていて、これが僕にとっては最良のルートだったんだ。ワールドカップの間に、クラブと契約について話をするよ。原則として僕はすべてにオープンだ。オランダに戻る考えもあるけど、必ずしもそうするわけではない。フランスに残るのも選択肢だ。スペインのような国でプレイすることも素晴らしいね」

一時はオランダ代表メンバーに入るのではないかなんて声もあったほどで、ファン・デン・ブーメンのキャリアはトゥールーズで大きく変わった。やや遅咲きではあるが、来季には強豪クラブでプレイするチャンスも出てくるだろう。