どう手を打つか

選手との問題もあり、クリスティアーノ・ロナウドとの契約解除を発表したマンチェスター・ユナイテッド。

ロナウドのポジションはセンターフォワードで、ユナイテッドはこのポジションが現状弱点とされている。マーカス・ラッシュフォードとアントニー・マルシャルの2人はいるが、マルシャルは怪我が多くシーズンを通して計算ができない。ロナウドが抜けた今、信頼できるCFはラッシュフォードのみであり、層が薄い。

英『BBC』によると、ユナイテッドはメンフィス・デパイの再獲得を目指しているようだ。

エールディビジのPSVでリーグ得点王のタイトルを獲得するなど素晴らしい活躍を披露したデパイ。その後2015年にユナイテッドに移籍。背番号はロナウドら歴代の主要人物がつけた7番が与えられた。

しかしユナイテッドでのキャリアは長いものにはならず、16-17シーズンの後半戦からリーグ・アンのリヨンでプレイすることに。

リーグ・アンがデパイに合っていたのか、翌17-18シーズンには19ゴール13アシストを記録。継続して素晴らしい数字を残しており、20-21シーズンには20ゴールの大台に到達している。その後バルセロナへ移籍し、初年度こそ輝かしい成績を残したが、今季はここまでリーグ戦では2試合しか出番がない。

デパイをユナイテッドが狙う理由はいくつかあるが、その一つに獲得しやすさがある。バルセロナの財政状況は不安定であり、CLをグループステージ敗退したことで得られる賞金が減ってしまった。そのため選手の売却を必要としており、今季クラブで出番のない選手に買い手が付けば売却することは簡単に予想できる。ユナイテッドも今すぐに人材が欲しい状態であり、WinWinの関係となる。

ただユナイテッドやバルセロナとメガクラブではコンスタントに数字を残せておらず、獲得したとしても戦力にならないという可能性もある。プレミアは年々レベルが上がっており、懸念点はそこにある。