スペインを倒したモロッコのMF

今季は中盤にケガ人が相次いだリヴァプール。そんなクラブが中盤の補強として、モロッコ躍進を支えるMFに注目しているかもしれない。

FIFAワールドカップ・カタール大会ではスペインを下して初のベスト8へと進出したモロッコ。チームの中盤を支え、スペイン撃破に貢献したMFがソフィアン・アムラバトである。今大会での大きな活躍を見せる彼に、リヴァプールが動向に注目している。

アムラバトは今季フィオレンティーナでセリエAにて13試合に出場している。英『Mirror』によれば、リヴァプールはアムラバトに対して動きを進めており、中盤のオプションとして考えている様子。しかしフィオレンティーナは放出については前向きではないため、交渉次第といったところだろう。

豊富なスタミナとボール奪取能力を武器としてスペインの中盤を封じてみせたアムラバト。リヴァプールへ加入となれば、ファビーニョのような役回りを期待できるだろう。現時点でファビーニョの代わりとなれる人材はジョーダン・ヘンダーソンやジェイムズ・ミルナーだが、どちらも30代であり、26歳のアムラバトの獲得を目指す可能性は十分に考えられる。