開幕から4試合連続で得点に関与

モナコに所属するFW南野拓実が今季、フランスの地で素晴らしい活躍を見せている。

現在28歳の南野は、昨夏の移籍市場でリヴァプールからモナコへ移籍。加入1年目となった昨季は、なかなか出場時間を確保できず。ベンチを温める機会も多く、公式戦25試合に出場して1ゴール4アシストにとどまった(プレイ時間は1081分)。

しかし、今季から指揮官にザルツブルク時代の恩師であるアドルフ・ヒュッターが就任すると、南野の状況は一変する。見事に開幕スタメンを勝ち取ると、この試合で貴重な同点弾をアシスト。これで勢いに乗った南野は、第2節では全得点に絡む2ゴール1アシストの大活躍を見せる。さらに、第3節では2試合連続のゴール、第4節では再びアシストを記録し、開幕戦から無敗(3勝1分)をキープしているチームのスタートダッシュに貢献しているのだ。

なお、南野はここまで3ゴール3アシストと、すべての試合で得点に絡んでいる。データサイト『opta』によると、欧州5大リーグにおいて、日本人選手が開幕から4試合連続で得点に関与したのは、初の出来事だという。

他にも、4試合で7本のキーパスを記録するなど、今やモナコの攻撃において、欠かせない選手となっている南野。こういった活躍もあり、データサイト『WhoScored』が発表しているここまでの南野の平均採点は「8.06」となっている。リーグ・アンではキリアン・ムバッペ(8.36)に次ぐ2位の高評価となっており、5大リーグでも見てもラウタロ・マルティネス(8.47)やレロイ・サネ(8.35)、ジュード・ベリンガム(8.26)ら、錚々たるメンバーとともにトップ10入りを果たしている。

この調子で、シーズン通して結果を残すことができるのか。昨季の悔しさを晴らすかのような活躍を見せる南野の今後の活躍にも注目だ。