早くも今季を占う試合か

プレミアリーグ第7節でウルブズと対戦するマンチェスター・シティ。まだシーズン序盤ではあるが、重要な一戦になりそうだ。

マンCはここまで6試合を終えて、6連勝を飾っており、好調なスタートダッシュを飾っている。開幕戦でチームの絶対的司令塔であるMF​​ケビン・デ・ブライネが負傷離脱したが、新戦力のMFマテオ・コバチッチ、MFマテウス・ヌネス、FWジェレミー・ドク、DFヨシュコ・グヴァルディオルといった新戦力が早くも躍動しており、チームを牽引している。

英『Manchester Evening News』によると、プレミアリーグで開幕から7連勝を記録したチームは過去2チームしかおらず、そのどちらもそのシーズンのプレミアリーグで優勝しているという。

1つめのチームは2005-06シーズンのチェルシーだ。ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるチェルシーはこの年9連勝を飾っている。最終的に29勝4分5敗を記録し、2位のマンチェスター・ユナイテッドに8ポイント差をつけて優勝している。

2つめのチームは2019-20シーズンのリヴァプールだ。ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールは結果的に開幕8連勝を記録。32勝3分3敗で99ポイントを積み重ねて、マンCに18ポイント差をつけた圧勝でリーグ優勝を飾っている。

まだ開幕したばかりのため、優勝争いを語るには時期尚早だが連勝を重ねていると、チームの状況も良くなり、さらに勢いを増すことが考えられる。

マンCはデ・ブライネだけではなく、DFジョン・ストーンズやMFベルナルド・シウバが負傷しており、またMFロドリが出場停止と万全な体制ではない。

ここまで6試合を終えて、16得点3失点という強烈な攻撃陣と強固な守備陣を擁するマンCはプレミア史上初の4連覇に向けて負けられないウルブズ戦を迎える。