マンCで数々のタイトルを獲得

現在は怪我で離脱しているものの、マンチェスター・シティに所属するMFケビン・デ・ブライネ(32)は現プレミアリーグ最高のMFと言える選手の1人だ。

2015年にマンCにやってきたデ・ブライネは、正確無比なキックを左右両足で蹴ることができ、絶妙なチャンスメイクをすることができる。シュートのような速さでありながら正確なスルーパスは、デ・ブライネの十八番であり、幾度となく観客を沸かせてきた。

近年は年のせいか、負傷することも多くなったデ・ブライネだが、32歳の今もマンチェスター・シティに欠かせない、クラブを象徴する選手の1人として君臨している。

そんなデ・ブライネについて、アラン・シアラー氏とマイカ・リチャーズ氏はポッドキャスト『Match of the Day』にて、同選手はスティーブン・ジェラード、フランク・ランパード、ポール・スコールズを超えるプレミア最高のMFになれると語っている。

リチャーズ氏はデ・ブライネについて、「あと数シーズンプレミアリーグでプレイできれば、彼はスティーブン・ジェラードを追い越して史上最高になるだろう」とコメントしている。これを受けてシアラー氏は、「反対したいのは山々だが、それはできない。彼はワイドでもプレイできるし、中盤のどこでもプレイできる。彼は、私が振り返って『あなたと同じチームでプレイしてもかまわない』と思う選手の一人だ。彼はFWの夢だ」と絶賛している。

チームでの役割やプレイスタイルも違うため、デ・ブライネとジェラード、ランパードらを直接比較することができないかもしれないが、デ・ブライネはレジェンドたちに負けない成績とインパクトを残していると言えるだろう。デ・ブライネは現在プレミアリーグで243試合に出場し、64ゴール105アシストを記録している。

今シーズンは開幕戦で負傷し、復帰は新年になると予想されているデ・ブライネ。マンCの司令塔は復帰後、どのようなプレイを見せてくれるのか注目だ。