エールディヴィジ二桁得点に迫る

ベスト8敗退に終わったアジアカップ2023では、フェイエノールトに所属するFW上田綺世が4ゴールと結果を残した。日本代表としてはベスト8敗退と悔しい結果だったが、上田が残した爪痕は大きい。今後の代表では上田がセンターフォワードの1番手になっていくのではないか。

しかし、オランダ・エールディヴィジで奮闘しているストライカーは上田だけではない。日本がアジアカップを戦う最中も結果を出し続けていたのが、NECナイメヘン所属のFW小川航基である。

昨夏に横浜FCからNECにレンタル移籍した26歳の小川は、2月のヘラクレス戦でも2ゴールを記録。ここまでエールディヴィジで7ゴールと結果を出しており、その活躍はかなり印象的だ。

オランダ『Voetbal Primeur』も「小川はアジアカップに参加しておらず、これを対戦相手は歓迎していなかった」と小川の活躍に触れており、数字だけを見ればアジアカップのメンバーに入っていても不思議ではなかった。

オランダでの小川はかなり効率よくゴールを奪っており、ここまでリーグ戦で合計34本のシュートを放ち、そのうち16本が枠内を捉えている。

小川と同じくエールディヴィジで7ゴールを挙げている選手と比較すると、アヤックスのFWステーフェン・ベルフワインは47本のシュートで7点、トゥエンテFWマンフレド・ウガルデは64本、アルメレ・シティFWトーマス・ロビネは44本、PSVのMFフース・ティルは45本と、いずれも小川よりシュート本数が多い。チャンスを確実にモノにしている1つの指標として、小川の奮闘は評価されるべきだろう。

小川は大きな怪我に苦しめられてきたが、水戸ホーリーホック、ジュビロ磐田、そして横浜FCと、J2とJ1の両方で結果を残してきた。その成果がエールディヴィジで爆発しており、186cmとサイズもある小川は今後の日本代表で見てみたいストライカーだ。

エールディヴィジ二桁得点まであと3点。小川の存在はオランダでも有名なものとなりつつある。