すっかりマンCに欠かせぬ戦力に

昨季3冠王者マンチェスター・シティに今季より加わったベルギー代表FWジェレミー・ドクは、これまでのマンCに不足していた縦への突破力をプラスする存在だ。

連覇を狙うチャンピオンズリーグでは、ここまで最多となる26回のドリブル成功数を記録。2位はナポリFWクヴィチャ・クワラツヘリアとパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペが24回で並んでいるが、ドクとはプレイタイムにかなり差がある。

クワラツヘリアが515分、ムバッペが630分プレイしているのに対し、ドクは251分だ。その時間で最多26回のドリブルを成功させていることになり、この突破力は脅威だ。プレミアリーグでも最多タイとなる56回のドリブルを成功させており、現サッカー界を代表するドリブラーと言える。

英『Manchester Evening News』によると、ドクは子供の頃にロナウジーニョやリオネル・メッシをモデルにしてきたと語る。左サイドから仕掛けるドリブルの姿勢は少しロナウジーニョを思わせるところがあるか。

「メッシやロナウジーニョが好きだった。小さい頃はYouTubeでたくさんの映像を見て、ストリートでもプレイした。ドリブルをすることで喜びがもたらされるんだ。もちろん、ただドリブルするわけではないよ。正しいと感じたタイミングでドリブルを仕掛けるんだ」

ドリブラーは試合途中から流れを変えたい時にも有効だ。ドクのおかげでマンCの攻撃は幅が広がっていて、攻撃力は世界屈指だ。