ここから巻き返しなるか

セリエAも第25節を迎えており、シーズンの後半戦を戦っている。今シーズンは首位を走るインテルが1試合少ないながらも2位のユヴェントスに9ポイント差をつけており、独走体制に入りつつある。

そんななか、思わぬ苦戦を強いられているのが昨シーズン王者のナポリだ。昨シーズンは、首位を独走し、33年ぶり3度目のスクデットを獲得したが、今季は思うように勝ち点を積み重ねられていない。24試合を終えた時点で9位に位置しており、首位との勝ち点差は27も離れている。

さらにCL出場圏内である4位とも現段階で9ポイント離れている。4位から10位までが9ポイント差となっており、CL出場権争いもナポリは厳しい状況に置かれている。第25節のジェノア戦は終了間際の同点ゴールで勝ち点1をなんとか獲得したが、上位陣と勝ち点差を詰めることはできなかった。

英『Daily Mail』はCL出場権を逃すようなことがあれば、スター選手の数人が移籍を視野に入れる可能性もある、と報じており、3人の選手について取り上げている。

1人目はエースのFWヴィクター・オシムヘンだ。同選手に関しては今シーズン終了後の移籍をナポリ会長も明言している。1億2000〜3000万ユーロ(約193億8000万〜210億円)という超高額の契約解除条項があるが、PSGやチェルシー、アーセナルなど多くのクラブから関心が寄せられている。

2人目はMFクヴィチャ・クワラツヘリアだ。オシムヘンと共にナポリの攻撃陣の中心であり、昨季はリーグ戦33試合で12ゴール13アシストを記録し、優勝に大きく貢献した。今季はリーグ戦22試合で6ゴール4アシストと、昨季ほどのインパクトは残せていない。しかし多くのビッグクラブが欲しがる逸材であることは間違いなく、仮に獲得となったらオシムヘン同様に多額の資金が必要となるだろう。

最後に同メディアが取り上げているのはMFアンドレ・フランク・ザンボ・アンギサだ。2021年よりナポリでプレイする同選手は、中盤の要の1人だ。ザンボ・アンギサはユヴェントスが熱心に興味を示しており、今冬にもオファーを出している。同選手には4500万ユーロ(約71億5000万円)の契約解除金が設定しているようだが、これはセリエA以外のクラブに有効のようであり、夏には他国からのオファーが来る可能性も考えられる。

夏にはMFピオトル・ジエリンスキがフリーでインテルに行く可能性もあるナポリ。苦戦を強いられている今シーズンだが、ここから巻き返すことができるのか。