ロドリゴはまだパフォーマンスに波がある

今夏にFWキリアン・ムバッペがレアル・マドリードに加入した場合、レアルの前線はかなり競争が激しくなるだろう。

スペイン『as』が気にかけるのは、22歳のFWロドリゴ・ゴエスの立ち位置だ。今季のレアルは2トップを採用する機会が増えていて、現時点ではロドリゴも重要な戦力だ。しかしムバッペが加わるならば、2トップの1枠はムバッペのものとなるだろう。

その相棒には、ヴィニシウス・ジュニオールが最も近いと考えられる。今やヴィニシウスはチームの中心であり、得点力に加えてチャンスメイク力も成長している。

ロドリゴも今季はリーグ戦で8ゴール4アシストをマークするなど結果を出しているが、まだパフォーマンスに波がある。昨年11月には3試合連続ゴールを決めたが、今季前半戦はまったくゴールを奪えていなかった。

現在もペースはストップしていて、リーグ戦直近8試合では1ゴールしか決めていない。最近ではブラヒム・ディアスも結果を残しており、ディアスも自由に動く2トップの一角でプレイ可能だ。

さらにレアルはパルメイラスから17歳のFWエンドリックを迎える予定にもなっており、ライバルは多い。ロドリゴはここぞの場面で決定的な仕事のできる選手ではあるが、ポジションを確保するには継続性が欠かせない。