エンドリックは今月の代表戦で躍動

今月の代表マッチウィークでは、ブラジル代表の新星が躍動した。23日のイングランド戦、26日のスペイン戦でそれぞれ1ゴールずつ奪った17歳のFWエンドリックだ。

ブラジルの名門パルメイラスで技を磨いてきた17歳のワンダーボーイは、すでにレアル・マドリード入りすることが決まっている。17歳の若さでセレソンの一員としてプレイしているのは見事で、今月のイングランド戦&スペイン戦でその実力を証明してみせた。

この活躍から、スペイン『MARCA』は来季以降の新生・レアルの姿に特大の期待をかけている。

合流するエンドリック、さらにはパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ獲得の話題も続いている。そこにヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエス、ジュード・ベリンガムらが絡む攻撃は脅威で、新・銀河系軍団と呼ぶにふさわしい。

今季はカリム・ベンゼマが退団し、レアルの攻撃陣は物足りない構成と思われた。しかし名将カルロ・アンチェロッティは若手の成長を促しつつ、攻撃の形を見つけてきた。新戦力のベリンガムもスムーズにフィットし、ブラヒム・ディアスも大きく成長。トルコの逸材アルダ・ギュレルも楽しみな選手だ。

そこにエンドリック、ムバッペも加わるとなれば、期待が膨れ上がるのも無理はない。その期待通り破壊力抜群のレアルが完成するのか。