静岡市清水区の、市街から山のほうに分け入って、しばらくいった「和田島」というところに、巨大なとっくりがあります。

とっくりです。とっくり以外の何物でもない巨大な建造物。高さは45mを超えます。

昔は、あまり衆目にさらされる機会がなかったので、知る人ぞ知る、ライダーがツーリングで訪れるB級名所だったのですが、今は新東名のすぐ横にあるので、目にしたことがある人が格段に増えました。

このとっくりの正体は、「和田島浄水場」という施設の中にある給水塔です。ポンプで地下水を45mの高さまでくみ上げ、その流れ落ちる力で給水を行なう設備で、内部は3層の水槽に分かれていているそうです。

この流線型のデザインは、乳を与える女性の姿がモチーフになっているそうですが、いやー、どう見てもとっくりでしょう。ちなみに「愛泉蔵」という愛称があるらしいです。

私はこのとっくりのところまで、わざわざおちょこを持って行って、遠近法を逆用して「とっくりからおちょこに注ぐ写真」を撮ったりしました。みなさんも機会があれば、巨大とっくりで面白い写真を撮影してみてください。