静岡市清水区には、ちょっと変わった橋があります。橋といっても、河に架かった橋ではなくて、線路に架かった橋。しかしその橋は「河と一緒に線路を渡る橋」なのです。

橋があるのは、イオン清水店がある静鉄狐ヶ崎駅のすぐそば。「谷津川」という河川が、橋に沿って流れており、地図で見ると線路の下をくぐっているのだろうと思われるのですが、これが違います。

橋が二重構造になっていて、一番上は歩道、その下が川を通す水路になっていて、「線路の上を川が渡る」という珍しい事象を成立させているのです。橋の下には線路が走っていますから、言い方を変えれば、「川の下を電車が走る」。

近くにお寄りの際は、この橋を探してみてくださいね。

線路の上を渡る川の詳しいレポートは、関連記事リンクから。