新型コロナウイルスについて、栃木県内の21日までの1週間の感染状況をまとめました。前の週から3千563人減り、減少傾向が続いています。

9月15日から21日までに県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、取り下げ分を含まない公表された人数で5千580人で前の週から3千563人減りました。

21日時点の療養者は6千216人で前の週から3千197人減っています。このうち入院しているのは168人で重症者は3人です。

県内でこの1週間で亡くなった新型コロナウイルスの患者は合わせて13人です。
 
クラスターの発生状況です。この1週間で医療機関、障がい者施設、高齢者施設で9件確認されています。

県独自の警戒度レベルは5段階中、真ん中のレベル2です。病床使用率は24.7%でレベル2、検査陽性率や人口10万人あたりの新規感染者数は対策を強化すべきレベルのレベル3の範囲に入っています。