岐阜県の「第2波非常事態」を受け、下呂市は地元の温泉旅館などに観光客の状況についてアンケート調査を実施しました。

 調査は7月31日、地元の温泉旅館協同組合が、下呂市内39の旅館などを対象に行い、新型コロナウイルスによるキャンセルや「GoToキャンペーン」の効果などについて20の旅館から回答がありました。

 その結果、この1週間でのキャンセルについて「増えていない」と回答したのは2館だけだった一方、下呂市で感染者が出たことによるキャンセルは回答があった20旅館全てが「ほとんどない」としました。

 また、7月22日から始まった「GoToキャンペーン」について「効果はある」と考えていたのが8館で、12館は「今のところ少ない」「あまりない」としました。

 下呂市は、新型コロナ対策実施中のステッカーを各旅館に貼るなどして、感染の対処方法を分かりやすくしたいとしています。

画像:7月中旬撮影 岐阜県下呂市の温泉街