岐阜県岐阜市で25日から「自動運転バス」の定期運行が始まっています。中心部で長期間にわたって運行されるのは全国で初めてということで、運転手不足の打開策に繋がるのでしょうか。  11月25日、岐阜市でお披露目された真っ赤なバス。定員10人の小型電気自動車で、先進の技術を備えています。

 車内には運転席やハンドル、アクセルやブレーキのペダルも付いていません。

 AI搭載のカメラやレーザーセンサーなどで交通状況を把握しながら、発進や停止を自動で行うシステムです。 運行協力会社の担当者: 「レーザーの光を当てて、周りに人が歩いているなとか、木や建物があるなとリアルタイムで認識しています。瞬時に減速したり加速することができます」  ルート上に駐停車している車があった場合は、センサーが障害物と感知します。運転が手動に切り替わり、乗務員が専用のコントローラーを操作して、方向転換や再発進を行うという仕組みです。

 バスは当面、乗務員が同乗する「レベル2」で運行しますが、5年の間に特定の条件下で完全自動運転となる「レベル4」での運行を目指します。  岐阜市によると、街の中心部で長期間、自動運転バスが運行されるのは全国で初めてということです。 柴橋岐阜市長: 「毎日継続運行して、安全第一で様々な技術検証を行っていきたいと思います」  ルートは、柳ヶ瀬商店街や市役所を通る中心部ルート(5km)と、岐阜公園や川原町などの観光スポットを巡る岐阜公園ルート(9km、土日祝日のみ)の2路線です。

乗車した市民: 「スムーズに運転されていたかなという感じですね」 別の市民: 「景色も見ながら楽しめたかなと思いました。もっと範囲が広がれば、いろんな所に行けたらなと思います」  バスの最高時速は19キロで、道幅の狭い川原町などでは、さらにスピードを落とすよう設定されています。

 公道をゆっくりと走ることから、課題は一般の車との共存です。 岐阜市の担当者: 「路上駐車、無理な追い越し、そういうのを避けていただいて、この自動運転車を温かく見守っていくことが、レべル4の実現に近づくと考えています」

 全国で公共交通機関の運転手不足が深刻化する中、このバスが打開策を示すことができるのか、成果が期待されます。