連日、夏日が続き、日差しの下では暑く感じるようになりましたが、エアコンはまだつけていない方がほとんどではないでしょうか。これからジメジメする梅雨が過ぎ、夏が始まります。今回は、夏が来るまでに早めに準備をしておきたい、エアコンの試運転について解説します。  ダイキン工業によると、本格的に暑くなる7月からエアコンの修理や買い替えの問い合わせが急増します。しかし、メーカーや修理業者の手が回らず急に対応できないため、修理や設置の順番待ちとなることもあるとのこと。ただでさえ暑い時に、エアコンが使えないのは辛いです。  そこで、比較的空いている5〜6月にあらかじめエアコンの試運転をしておいて、暑い夏に備えることをお勧めします。

 試運転の方法ですが、エアコンを冷房の最低温度に設定して、10分以上稼働させます。そして、しっかりと部屋が冷えているか、水漏れや異音・異臭がしないかを確認してください。何か問題があれば、メーカーや修理業者に相談するか、買い替えを検討しましょう。  夏真っ最中にエアコンが使えないという状況を回避できるように、早めの準備をしておきましょう。 情報:ダイキン工業