岐阜県美濃市の「NIPPONIA美濃商家町」は、美濃和紙の歴史と魅力を今に伝える古民家ホテルです。

■美濃和紙の歴史と魅力を今に伝える…和紙専門店を併設する古民家ホテル

 江戸時代から和紙の産業で栄えた岐阜県美濃市の「NIPPONIA美濃商家町」は、かつての美濃紙商の町屋や蔵を改装した宿泊施設です。

 美濃の風情を活かしたこの古民家ホテルには、ギャラリーやカフェのほか、和紙を販売する専門店「Washi-nary」が併設されています。店内には紙すき職人が作った様々な和紙のサンプルが並んでいます。

Washi-naryの担当者: 「一枚一枚、触った感じが違う。これは、天然の『藍染め』で染めた和紙」

Washi-naryの担当者: 「薄い模様が入っている。落ちる水で落水紙」

 すいた和紙に型をのせ、上から水を落とす伝統技法「落水」で模様が作られた「落水紙」は、灯りとの相性がよいため、照明やランプシェードに使用されるといいます。

「NIPPONIA美濃商家町」は、美濃和紙の歴史と魅力を感じられる施設です。