夏に食べたい「冷やし中華」は、東海地方ではマヨネーズが言わば「当たり前」。ところがこれは、この地方独自の習慣だった。マヨネーズをかけるようになった起源と、進化した意外なグルメを取材した。

■「7割から8割が使うと思う…」老舗料理店で聞いた冷やし中華にマヨかける客の割合

 50年以上続く名古屋市千種区の「錦華楼(きんかろう)」。

「冷やし中華」(750円)は人気メニューのひとつだ。

マヨネーズはセットになっているが、いつから付けているのか聞いてみると…。 錦華楼の店主: 「52年前になりますね」 ご主人はマヨネーズが酸味のあるスープに相性がよく、なくてはならないもので、東海地方はマヨネーズ好きが多いという。

冷やし中華を注文する客の7割から8割がマヨネーズを使うそうだ。

■名古屋でも意外と多かった「かけない派」 他県ではそもそも食べ方を知らない人も…

 実際にマヨネーズ派はどれくらいいるのか、名古屋の街で聞いてみた。「かける派」が圧倒的と思われたが…。 Q冷やし中華にマヨネーズはかけますか? 男性: 「はい。シーズンになると出てくるからね、冷やし中華は。食べちゃうわね、おいしいからさ」 別の男性: 「つけますね。つけた方が味変できておいしいじゃないですか」 女性: 「つけます、もちろん。はずせないです」 マヨネーズ愛が強い人が多く、かける派が圧倒的…かと思いきや。 女性: 「つけないです。さっぱり食べたい」 別の女性: 「つけないです。おいしいのは分かっているけど、カロリーが上がっちゃうから…」 また別の女性: 「つけません。マヨネーズが好きじゃない!」  43人に聞いてみた結果、かける派が23人、かけない派が20人とあまり変わらない人数となった。  ほかの地域の人にも聞いてみた。関東の人は…。 東京の男性と埼玉の女性: 「つけないです、聞いたことない」

マヨネーズと一緒に食べる方法があること自体、知らない人もいた。マヨネーズをかける印象を聞いてみると…。 埼玉の女性: 「脂っこそう」 東京の男性: 「マヨネーズ好きなんですけど、やったことないので気になりはします」 関西の人にも聞いてみた。

奈良の女性: 「聞いたことないやんな」「えっ?マヨネーズを!」 大阪の女性: 「えっ…へぇ〜」 そして岡山の人は…。

岡山の女性: 「(マヨネーズを)混ぜて食べるんですか?すごい…ちょっと…」 かなりの驚きようと、少しひかれ気味だった…。  しかし福岡県出身で現在、この地方に住んでいる男性は、初めて見たときの印象をこう語った。

福岡出身の男性: 「『絶対合わないだろう』と思ったんですけど、つけてみたらめちゃくちゃおいしくて衝撃でした」 「冷やし中華」と「マヨネーズ」の組み合わせは、全国的にはメジャーとは言えないようだ。

■実は60年以上も前から…発祥はあの有名チェーン店?

 なぜこの地方でマヨネーズが定着しているのか、名古屋めし料理研究家のSwindさんに聞いた。

Swindさん: 「小さい頃から私も食べているので、正直当たり前みたいなところはあるんですけど、名古屋では誰もが知っている有名な飲食チェーン、こちらの影響が一番大きかったのではないかなと思っています」  その店の商品が自宅にあるということで、自宅へ伺った。冷蔵庫から出てきたのは、スガキヤの冷し中華だった。

Swindさん: 「いろいろ諸説はあるんですけど、スガキヤさんがマヨネーズをつけ始めたという説がかなり有力で…」 冷やし中華とマヨネーズという食べ方の発祥は、あのスガキヤではないかという説だ。そのスガキヤを直撃した。 スガキコシステムズの担当者: 「そうですね、そのように言われておりまして。昭和32年(1957年)という記録が残っておりまして」  60年以上前からあったことが判明。その理由も聞いてみた。 同・担当者: 「スガキヤの冷しラーメンはかなり酸味を感じるスープとなっていますので、酸味に合う調味料をいろいろ試した結果ですね、マヨネーズがベストマッチだったという話がございます」

 当初、スープにマヨネーズを溶かしていたが、その後、ハムにマヨネーズを添えて出すスタイルに変更。そして1986年(昭和61年)に、現在のスタイル『袋入りのマヨネーズ』を添えるという形になったという。

 これがいつのまにかお店や家庭に広がり、定着していったのではないかということだ。

■進化する「冷やし中華×マヨ」…立川マシマシは“中太麺にタルタル”の「すごい冷やし中華」

 冷やし中華に欠かせないマヨネーズは実はいま、意外な形で進化している。名古屋市中区のラーメン店「立川マシマシ 栄住吉店」を訪れると、タルタルソースを使った冷やし中華があった。 醤油と酢を使った特製スープと中太麺をからめ、炒めた豚肉を盛り付けて、麺を覆うように「特製のタルタルソース」をかけていく。最後にきゅうり、しょうがを添えたのが「すごい冷やし中華」(1050円)だ。 麺とマヨネーズをからめると、薄い茶色だった麺はたちまちタルタルで白く染まった。食べてみると、タルタルの味わいが絶妙だ。

タルタルソースを使った理由は、店で使っているラーメンの中太麺で冷やし中華を作ろうと試行錯誤する中、相性が良かったのがタルタルソースだったことからこのメニューが誕生したという。

同・スタッフ: 「驚かれるお客さまは他県の方だと感じます。名古屋の方は比較的、『やっぱりのっているよね』みたいな感じで受け入れてくださる」 「冷やし中華×マヨネーズ」の文化が形を変えて広がっていた。