名古屋市中川区の「バーミキュラビレッジ」。

バーミキュラを使用した料理を提供するレストランに、夏の間だけオープンするのが「氷鍋屋」。おなじみのホーロー鍋で作ったかき氷が食べられます。

 一体どんな味なのか、新作の「レモンタルト」をいただくと…。

(リポート) 「レモンのおいしさがギュッと凝縮された、甘ずっぱいソースが口いっぱいに広がって、かき氷にとてもよく合ってます」 フワフワの氷に濃厚なソース。実はここにバーミキュラの「強み」が生かされていました。

バーミキュラビレッジのシェフ: 「バーミキュラの鍋は保冷性もございますので、氷の冷たさを長く保てる」 保冷機能があるホーロー鍋。普通の器では食べているうちに氷が溶けてしまいますが、バーミキュラに入れることで最後までフワフワの食感を楽しめるといいます。

 また、ソースはバーミキュラで炊き上げた小豆や、バーミキュラで無水調理して甘みを引き出したフルーツがかかった、バーミキュラならではのオリジナル。 氷にかけるソースや具材に水を加えない「無水調理」で作ることで、素材そのものが持つ味とおいしさが詰まった状態になっています。

 新作の「レモンタルト」に加え、「西尾抹茶のティラミス」に「グリオットチェリーと赤紫蘇のパルフェ」と、2022年は3種類のラインナップ。 客: 「抹茶にしました。小豆もおいしいです。抹茶とよく合います」

別の客: 「赤シソは初めて見ました。さっぱりしててさわやかです」

バーミキュラビレッジのシェフ: 「温かい料理のイメージが強いバーミキュラですけれども、この夏はぜひ“冷たいバーミキュラ”を楽しんでいただきたいです」 ホーロー鍋の強みを生かした「バーミキュラのかき氷」。バーミキュラビレッジで8月末までの期間限定です。