岐阜県岐阜市で100年以上岐阜で愛された老舗書店が、惜しまれながら8月31日に閉店します。  岐阜市の中心部、名鉄岐阜駅のすぐ近くに店を構える「南陽堂」。

正確な記録はありませんが、100年以上岐阜で店を続けてきたという、昔ながらの「町の本屋さん」です。

約50年にわたり、この南陽堂を守ってきた山田るり子さん。31日で閉店することを決めました。

るり子さん: 「お客さん来ていただけないから、売上は当然下がりますわね。それとネット社会になったもんでね」  ネット通販や電子書籍の普及にコロナ禍も相まって、店にくる客は大きく減りました。

るり子さん: 「(昔は)活気がありましたよ。とにかく本屋ってすごいなと思ったくらい。今はもう閑散としていますけど」 るり子さんの夫・好昭さんが体調を崩していたこともあって、閉店を決めました。

好昭さん: 「寂しいね。率直な話、寂しいしかないね。色々あったけどね」 るり子さん: 「良い時代のことばっかり思い出しますけどね。元には戻れないなという感じです」

 かつての常連客も閉店を惜しみます。 高校時代に来店した男性: 「お店が終わることを知ったので、最後にと思いまして、ぜひと思って購入させていただきました。偶然立ち寄ってふらっと来て、思わぬ掘り出し物を見つけた時の喜びじゃないですけど、そういうことが楽しいかなと思いまして」

ノートに感謝の言葉を書き込んでいた女性は、20年前のアルバイト。

20年前にアルバイトをしていた女性: 「お店の人も本屋さんに来る人も、みんな本好きの人が集まる場所なので、とても居心地よく働かせてもらっていました。エプロンとかも懐かしいし、奥さんもすごく変わってないし、(本の)並びとかも全然変わってなくて、すっごく懐かしいなと思いながら見ています」

 懐かしさの一方、昔とは変わったところもあります。 るり子さん: 「ほとんど立ち読みの人がいっぱいで。これではいけないと思って帯をしたんです」 漫画本の立ち読み防止の帯。つけ始めたのはおよそ20年前。子供たちへの優しさから、岐阜市内では一番遅かったそうです。

るり子さん: 「当時、漫画読みたいって(客が)結構みえていたので、意地悪してはいけないなって」 女性客: 「漫画とかも自由に読めるようになっていたので、高校の時とかは自由に読ませてもらって。いつも来ると、おじさんとおばさんがいらっしゃいと笑顔で迎えてくれて、アットホームな感じで温かい本屋だなと思って」  店主夫婦の優しい人柄とともに多くの人に愛された「南陽堂」。

るり子さん: 「今までありがとうございましたということを思って、最後の日を迎えたいと思います。寂しいですけど、お客さんが喜んでいただける、本当に感謝されていたので、ありがたいことだなと思いましたね」

 31日、100年以上の歴史に幕を下ろします。