名古屋市昭和区にある「うなぎ家比呂野」。

脂がのった三河一色産のうなぎを贅沢に丸々1匹を使った「特上うな丼」が人気の名店です。

 店の裏でペットのワンちゃんが食べていたのは“ウナギの頭”。実は、ウナギの頭を丸ごと使ったドッグフードです。

経営者の廣野さん: 「唯一使ってないのがウナギの頭。なんせ頭の骨がすごく硬いので、今まで何千何万と捨ててきた」 店を経営する廣野耕史さん(38)。調理の難しさなどから、多い日で1日に100個以上も捨てているウナギの頭をなんとか活かしたいと考えていたところ、ドッグフードにすることを思いついたといいます。

廣野さん: 「原材料をいかに有効活用するかと考えるのが飲食店なんです。その中でも(頭は)フードロスしていたところなので。(愛犬に)炭火で素焼きした頭をたまにやっていたんです。そしたらすごく食いつきがいいんですよ」  しかし、素焼きでは日持ちもせず、骨も固いため商品化は困難。そこで、ある工程を編み出したといいます。 廣野さん: 「機械にならべて乾燥していく。今朝早く出来上がっていたので」 80度以上の高温で1日半以上じっくりと乾燥。すると、骨までまるごとサクサクの仕上がりに。

廣野さん: 「ウナギそのまんまですよ。ウナギのドライフードです」

実はこの方法、ビーフジャーキーなどの加工で使われる技術で、飲食店を経営するかたわら、猟師としての顔ももつ廣野さんは、余ってしまう鹿の肉で犬用のジャーキーを開発していて、それをウナギの頭に応用していました。

試行錯誤で完成したドッグフード、その名も「UNATO(鰻頭)」。

もちろん人間も食べられるということで、試食させてもらいました。 (リポート) 「大きな煮干しを食べているかのような、口の中で出汁のような香りがフワッと突き抜けるように香ります。美味しい!」  近所のペットカフェで犬たちに試食してもらうと、食感もあってか、あっという間に平らげました。

飼い主: 「黒い子の方は、外だとおやつを食べなかったりするんです、警戒しちゃって。だけど今びっくりしちゃった。すごく食べていたので美味しいんだなと思って」 別の飼い主: 「夏の終わりかけで夏バテ気味の子もいたりするので、そういったところで栄養補給もかねておやつとして摂取できるので、とてもありがたいです」 廣野さん: 「今まで捨てていたものがこうやって喜ばれると、考えてよかった。お出汁をとって味噌汁とかお吸い物、人間用にも試作してみようかなと思っています。安心安全は常に人間にもですし、(ペットの)商品にも作っていきたいなという気持ちがあるので、喜んでもらえるとうれしいですね」

 名古屋市中川区の「中郷どうぶつ病院」の獣医師・柴田幸助先生によると、うなぎにはビタミンBやビタミンD、カルシウムなどが含まれているということで、疲労回復や高齢の犬の骨粗しょう症予防などに効果があるのではないかということです。 ただ生のウナギの血には毒があるので、廣野さんが作ったUNATOのように、しっかり加熱したものを与えるように注意してくださいと話しています。