岐阜県のほぼ中心に位置し、和紙の産地としても知られている美濃市に、地元で知る人ぞ知る、歴史あるアイスモナカがある。  まるで喫茶店のような外観。

店のマークは、ライオンがアイスクリーム食べているデザイン。

地元の人々にこよなく愛されている美濃市俵町の『末広堂美濃アイス』だ。

1954年創業の「末広堂」は、2022年に市制68年目を迎えた美濃市と「同じ年」。

アイスモナカは、バニラ、あずき、抹茶、きな粉、柿、桜の6種類がある。

店主: 「68年前だから砂糖とかが少なくて、甘いものにみなさん飢えている頃で、合成甘味料が出回ってきて、おじいちゃん(初代)がちょっと一口舐めたんですよ、僕子供の頃で見とって覚えていたんですけど。舐めたら、『気持ち悪い、こんなの使えんわ』って言って。それからずっと、添加物は使わないアイスクリームの製法を(初代から)続けています」 原材料は、乳製品と砂糖のみ。

シンプルな作りだからこそ、長年愛されてきたテッパンのアイスモナカだ。

しかし、無添加だからこその悩みもあるという。 店主: 「1か月くらいすると、味とか風味が無くなっちゃうんですよ。添加物が入ってないから。だからこだわりって言うと風味を1か月経っても無くさない方法ということで、真空パックにするんです。アイスクリームの真空パックって世の中にないんですけど…」 出来たらすぐに真空パックにして、マイナス60度の冷凍庫へ。こうすることで、無添加でも風味が損なわれないという。

バニラはミルクの甘みと香りがたまらない。コクというよりも爽やかで、アイス自体が少しシャリっとしていて、シャーベットのような感じもある。

店主: 「『末広堂美濃アイス』のアイスってアイスクリームのアイスなんだけども、『LOVE』の“愛す”でもあるんです。美濃のみなさんに感謝していると。うちが今までやってこられたのは、美濃のみなさんにご愛顧していただいてアイスクリームを買いに来てくれたから続けられてきたよって。それは初代のおじいちゃんから僕の親父、お袋からずっと引き継いできた言葉なんです」 2022年9月27日放送