2023年は、毎月1日が値上げラッシュとなっていましたが、12月1日からはバターやクリームなどが値上げされます。しかし、スーパーではうれしい値段の変化もありました。  止まらない値上げの波。12月から値上げされるのは、明治や森永乳業、雪印メグミルクなどのバターやクリーム。生乳の取引価格が引き上げられていることや、円安による生産コストの高止まりなどが要因です。  12月1日、名古屋市港区のスーパー「タチヤみなと店」。

女性客: 「ケーキとか作ったりするのにいりますもんね。だからしょうがなく買うのかなと思います」 別の女性客: 「バターは、子供が多くて食パンとか食べるので、厳しいですね」  財布の中身が気になる様子ですがこの店では、値上げを見送っていました。 タチヤみなと店のマネージャー: 「当店にいたしましては値上げは一切行っておりません。12月ということもありますので、こちらの方で頑張れるところは頑張っている状況ですね」

 1年で最も賑わう年末商戦の時期を迎え、この店では値上げする場合は年明けからか、と考えているということです。  店には安くなっている商品もありました。この店では、普段から生鮮食品の特売に力を入れていますが、12月1日からは一部の野菜を値下げしています。 タチヤみなと店の店長: 「こちらジャガイモですね。今日から思い切って下げました」  北海道産のジャガイモ(約1.5キロ)が、324円から216円(税込み)に。

 白菜(1玉・約4キロ)は302円から216円(税込み)にしました。 タチヤみなと店の店長: 「(白菜の)この値段は今日からです。1玉税抜き280円でやらせてもらっていたんですけど。1玉で4キロぐらいはあると思いますね。お値段は1玉200円です」  ブロッコリー(1株)も108円から95円(税込み)にしています。

 夏の猛暑などの影響で一時高値となっていた野菜が、平年並みに落ち着いてきたということです。 タチヤみなと店の店長: 「今日から特売を多くして頑張っています。今年は値上げが多いので、最後の最後はお値打ち感を感じてもらって、今年を締めくくってほしいなと思います」 女性客: 「今びっくりした。(ジャガイモ)200円は安いなと思って。ポテサラもいいし、カレーだね。さっきあっちでシチューのもとを買ったから、シチューだね」  師走の訪れとともに動いた食料品の値段。財布をにらみながら、食材を選ぶ年末となりそうです。