電気ストーブやコタツなどを使う上で気を付けたいコンセントの「たこ足配線」。住宅火災の原因になることもあります。  激しく燃えるコンセント。「NITE」製品評価技術基盤機構が公開した実験映像です。

 発火の原因は、先の曲がったコンセントを使い、内部で接触不良を起こしたためでした。

 コタツや電気ストーブなどをよく使う季節に気を付けたいのが『配線器具の火災』です。  1つの配線器具にたくさんのコンセントを取り付ける、いわゆる「たこ足配線」。最大消費電力を超えて使用すると、内部で発熱し出火の原因となります。

 配線器具による火災はここ5年間で増加傾向で、新型コロナによるテレワークの普及も背景にあるとみられています。

 さらに、アウトドアブームで需要が高まるコードリールも注意が必要です。ホットプレートに電気ストーブと色々使いたくなりますが、つなぎすぎてしまうと、激しい爆発音と火花が起きます。

 コードリールの場合、注意すべきポイントがあります。

 巻いたままで使った場合の「定格電流」と、全部引き出した場合の「限度電流」が決められていて、状況に応じて正しく使う必要があります。