名古屋の和食チェーンが手がける「そばの店」がモーニングを開発しました。忙しい朝にサッと食べられて消化もいいと、『朝そば』が人気になっています。  まだ薄暗い朝の7時に、次々とやってくる客が食べ始めたのは「そば」です。  名古屋ではあまり見かけない光景ですが、関東では朝にそばというのは珍しくないということで、手早く食べられて腹持ちが良く、消化がいいのが人気です。 男性客: 「モーニングも好きなんですけど、たまにはそばも食べたい」 別の男性客: 「サッと食べられて安くて健康的なので。朝はそばですね」

女性客: 「消化がいい。おなかいっぱいになっちゃうと眠くなっちゃうじゃないですか。だからありがたいですよね」  2023年12月にオープンした名古屋市中村区の「かき揚げ十割そば 長助」は、和食チェーンでおなじみの『サガミ』が手掛ける新業態のお店です。

かき揚げ十割そば長助 名駅西店の担当者: 「中京圏でもモーニング文化に代わるようなものとして朝そばを始めました。そば自体が非常に健康にいいといわれていますので、朝から食べていただいて体も健康になって、1日頑張っていただきたいなという思いでやっております」  朝からボリューム満点なメニューもあります。肉を厚切りにして大胆に乗せた「肉そば」や…。

 直径18cmの大きなかき揚げが乗った「かき揚げそば」なども人気です。

 よりライトな朝メニューは、かけそば・ごはん・卵・納豆がついて480円とお値打ち。

 そばとミニカレーのセットも480円です。おまけが色々選べるというモーニングらしいメニューです。

男性客: 「ボリューム満点。ワンコインくらいでリーズナブル」 かき揚げ十割そば長助 名駅西店の担当者: 「中京圏で朝そばをどんどん仕掛けていきたいと思っていますので、どんどん広がっていくのを楽しみにしています」